晴れ着とは晴れの日の和装を指しますが着物は手入れが大変です そんな時はレンタルで!

この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

貸衣装を利用するに当たり注意する点

いい思い出の為には下準備が大切

最近では、もともと呉服屋さんだったところが貸衣装を扱う様になったりと、レンタルショップが増えてきました。
全国展開をしているような大きなところから町の小さなショップまで色々ですが、各ショップによってサービスは様々です。
料金は大体4万円くらいからの様ですが、着物のグレードや、人気などでだいぶ変わってきます。着物だけで50万円以上するものもあります。
確認しておきたいのは料金に含まれているサービスの内容です。大手の貸衣装店では、足袋だけ用意すれば良いところもありますが、小物などは含まれているのか、肌着や足袋など自分で用意するものがあるかどうかです。中には長襦袢やひも類、帯枕など普段着付けをしないとよく分からないものなども自分で用意するところもあるので注意が必要です。
他にも、着付けやヘアーメイクなどの有無などトータルとしての金額をあらかじめしっかり聞いておくことが大切です。

気持ち良く晴れの日を迎えるために

当日になってのトラブルといえば記憶に新しいニュースもありますが、あれほど大きなトラブルではないにしても、やはり小さなトラブルは起こりやすいのは現状です。
とはいえ、成人式のように全国的に同じ日に晴れの日が重なるのはほとんどありませんので、数日から前日までに確認をしておけば問題ないと思います。
予約の時間も当日の予定の時間に余裕をもって入れるようにしましょう。洋服と違い、着付けるのにも時間がかかりますが、帯なども華やかに結んでもらうなど手間もかかることを考えてもゆとりを持っておく方が安心です。
また、当日もしも汚してしまった時の対応や返却時の確認なども忘れずにしておくとトラブルを防げます。
これらのことを押さえておけば、晴れの日を晴れ着で思い出深い一日にできるでしょう。